有料サイトはお金はかかりますが、その分安心です

一昔前は「犯罪の巣窟」などと云われて決して良いイメージとは言い難かった出会い系サイト。

しかし最近では優良なサイトがいくつも出てきたこともあって、今ではすっかり男女の出会いの重要なツールとして定着している印象があります。

最近は出会い系サイトで彼女をゲットした…なんていう話も珍しくはないですよね。

しかし「普段の生活で女性との出会いはあまり期待できないから出会い系サイトを使って彼女作りにチャレンジしてみたいけれど、サイト選びや情報漏洩の問題など分からないことがあって、なかなかあと一歩が踏み出せない」という男性も多いみたいです。

そこで、過去に何人かの女性と出会い系サイトで知り合い、おつき合いにまで発展できた私が「出会い系サイトの上手な使い方」を私なりの経験のもとにお話ししたいと思います。

まず、サイトの選び方からお話ししていきますが、基本的には、どこの運営会社のサイトでも問題はありません。

ほぼ全ての出会い系サイトは登録までは無料なので最初は様々なサイトに登録してみてもらいたいのですが、この段階で1つ、オススメする攻略法は「有料のサイト」に絞って探してみることです。

「有料」といっても登録までは無料のサイトがほとんどで、ニックネームと生年月日を入力(個人情報の漏洩が気になる方は適当な生年月日でも大丈夫です)すればどんな年齢層の、どんな目的でそこのサイトに登録している女の子がいるのかくらいは検索できます。

では何故有料が良いのかを説明しますと、無料のサイトには個人情報などを得る目的で一個人に成りすまして書き込みをしている業者や暇潰しに誹謗中傷してくるような男性が多数存在して、サイトを利用している女の子のほとんどはこういう輩に被害を受けているケースが多いのです。

それに比べて有料のサイトになると、わざわざポイントを使ってまで(「有料」とは、女の子の詳しいプロフィールを見たり、メッセージを送るには電子マネー等でポイントを購入するシステムの事をいいます、
「無料のサイト」というのは、こういうポイントを購入する必要が無いサイトの事です)誹謗中傷してきたり、個人の情報を得ようとする業者や男性はいない、という訳で当然女の子の立場からすれば有料サイトの方が安心して登録できるし、お金が掛かるポイントを使ってまで自分にコンタクトを取ってきてくれている男性への好感度も上がりますよね。

そしてもう1つ気を遣ってもらいたいのは「ポイントをケチらない」という事です。

女の子側もその男性を信用できるな、楽しい人だからもっと接してみたいな、と思えば自信の携帯のLINEのIDや番号を教えてくれるケースがありますが、そこまで到達するには何回かサイトの中でポイントを使ってメールをしなければなりません。

ここで「もうポイントが残り少ないから」と女の子を楽しませる会話もできていない内に焦ってガツガツと個人的な連絡先の交換をせがんでしまうと、女の子は途端に冷めてしまってもうメールの返信は来ない…といったケースを私も有料サイトを使い始めの頃には何度か経験しています。

ほとんどの有料サイトの相場は1ポイント10円くらいですのでメールを1回送信するのに5ポイント掛かる(女の子からのメールを受けとるのは無料です)と計算すると、私の場合は1人の女の子につき1000円(メール送信約20回分)くらいは掛かる見積もりでコンタクトを開始していました。

この1000円という金額を高いのか安いのか、どちらかに感じるかは個人差があると思いますが、有料サイトには真面目に彼氏を探している女の子が数多く登録しているので、細かく検索できて、最初から自分のタイプに合った子にコンタクトできるというメリットも考えれば私は決して高い金額ではないと思います。

他にも攻略のし方は色々ありますが、先ずは上記の2点に絞ってチャレンジしていただけたら、その先は、自ずと分かってくることが沢山あると思います。

女の子も私たちと同じ人間です。

メールのやり取りをする上で、人間としてどんな事をされたら嫌なのか、どんな事をされたら嬉しいのか、基本的にはそこだけだと私は思っています。

これを読んでいただいて、これから出会い系サイトを使って恋人を作りたいと思っている方の参考になれれば嬉しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です